オープンソース「せん茶SNS」を使ってみた

sencha-SNS-0

2012年07月25日(水)

  せん茶SNSというCakePHPで構築されたSNSを導入してみたので、 だれかほかにも使う人がいると思うので備忘録がてらに残しておく。 少し説明も入れますので、参考までに。 しかもオープンソースなので使わない手はないだろうということで。       それでは早速説明に入らせてもらいます。   まず、ダウンロードですが、 所定の情報を入力しなければいけません。   なんか不正を検知した場合は、 IP制限なんかかけられるという事も注意事項的に書いてありましたので、 きちんと情報を入力して使用しましょう。   まずせん茶SNSとは、 という所からですね。     それは以下を参照したほうが早いですね。 なにが出来るのか完結にまとめられています。   □せん茶SNS http://oss.icz.co.jp/sns/     まずダウンロードですね。 下記より行ってください。 所定の情報を入力してダウンロード。   □製品ダウンロード http://oss.icz.co.jp/sns/download.html     次にインストール方法ですが、 サイトに詳しく書いてあるのでこちらを参照しながら、 僕の方でできなかった点は記述していこうと思います。   □インストール方法 http://oss.icz.co.jp/sns/install.html   まずはCakePHPのインストールの際にも記述したのと同じで、 Security.salt Security.cipherSeed の変更のようですね。   これは以下ツールを使えば楽勝ですね!! http://www.japan9.com/cgi/rand_num.cgi   あとはサーバーへアップロードして、 インストールはブラウザで行うようですね♪   簡単ですね。   僕の環境ではデフォルトでなにも異常は見つかりませんでした! ラッキー!!   以下その画面になります!!                       インストール開始をクリック。   どうやらあらかじめDBを作成しておかないといけないようですね。 なのでsencha-DBという名で作成。   その通りに入力。                     どうやらOKなようですね。 クリックすると、テーブル・初期データを作成します」をクリック。                   次は、 ・氏名 ・メールアドレス ・パスワード 項目の入力を求められました。   なので適当に入力。                   ん??以上でインストールは終了のようですね♪ 早い!簡単!!楽!!!   ログイン画面が表示されたので先ほど登録したものを入力。                   ログインクリック!!!                 うひょーーーー!! 簡単すぐる!!   みなさん参考までに!!!     しかもCakePHPなので結構カスタマイズが出来そう!!! 絶対これは使ってみようかと思います!!   なんかカスタマイズした際はまた報告させて頂きます!   では!!!    

スポンサードリンク

運営サービスPR

関連記事

他の記事はありません。

スポンサードリンク

運営サービスPR