ショートカットアプリいらず。ファイル名を指定して実行で管理するショートカット

shortcut-1

2012年07月15日(日)

  みなさん、アプリを呼び出すときにショートカットアプリや、ランチャーアプリを導入して管理してないですか? 僕の管理方法であれば、そんなアプリはいらなく、ファイル名を指定して実行するでWindowボタン+Rで実行できます。 この方法の方が早いと思いますし、 なにしろ玄人感が素晴らしいですww こちらで紹介するので、是非試してみてください。       やり方は簡単です。 以下の方法で実装できます。 まず、どこかに新しいフォルダを作成しておきます。 僕の場合は、デスクトップに「shortcut」という名前で作成しました。   その中にアプリのショートカットコピーをコピーします。 そして、任意の名前にリネームします。     サンプルとして僕の作成したものを公開します。 以下になります。                       このようにショートカットを置いておくだけです。   次にそのショートカットを  
「ファイルを指定して実行」
  で操作できるようにする方法です。   こちらは、  
マイコンピュータ->右クリック->プロパティ->詳細設定
  で「環境変数」を選択してください。     ユーザーの環境変数のPATHを「編集」します。 こちらに先ほど作成したフォルダにパスを通します。 ※僕の環境でいう「shortcut」フォルダです。   こちら僕の環境では、  
C:\Documents and Settings\ユーザー名\デスクトップ\shortcut
  となります。     こんな感じで入力してください。                 以上で設定は完了となります。   使い方は簡単です。  
Windowボタン+R
  で作成したショートカット名を入力するだけです。   つまり  
Windowボタン+R
  を押して、 僕の例で言えば、  
「chr」
  と入力すれば、 chromeが起動します。     どうでしょう? やってみましょう! 結構かっこいーですよ!!   では!    

スポンサードリンク

運営サービスPR

関連記事

他の記事はありません。

スポンサードリンク

運営サービスPR