XAMPPでインストール後にするapacheの設定(DocumentRoot変更)

XAMPP

2012年07月11日(水)

  今回はドキュメントルートの変更です。 ローカルでのhttpアクセス箇所の変更です。 デフォルトでは \xampp\htdocs になっていますね。 こちらの変更方法になります。         設定ファイルは前回と同じで、  
xampp\apache\conf\httpd.conf
  のファイルを編集します。 「DocumentRoot」で検索すると、 デフォルトで設定されている箇所があると思います。 こちらを任意のパスに変更すればOKです。     僕の場合は、  
“C:/xampp/htdocs”
  から、  
“C:/xampp/htdocs/workspase”
  という風に設定しました。 この設定により、    
http://localhost
  でアクセスした際には、 workspase以下を参照するようになります。   簡単ですね。 これでいろんな箇所をDocumentRootに出来ます。   以上です。 では。

スポンサードリンク

運営サービスPR

関連記事

他の記事はありません。

スポンサードリンク

運営サービスPR