OGPの記述方法ときちんと取得されているか確認する方法

1-check-OGP

2012年07月04日(水)

  OGP(Open Graph Protocol)の説明と、その仕様と使い方と、 その確認方法を説明します。   結構WEBでは重要だったりするので、 書き溜めておこうと思います。         まず、OGPとは、   HTMLに対して、このWEBページはどんなサイトなのか? はたまた、どんなことをかいているのか?     的なことをHTMLに記述するものです。   具体的には、 僕の自作サービスのDEMO-TAPEに設置しているものを確認してみましょう。 以下になると思います。  
<meta property="og:title" content="DEMO-TAPE -WEBでツナガル.音楽でツナガル.-" />
<meta property="og:type" content="website" />
<meta property="og:url" content="http://demo-tape.pk-brs.com/" />
<meta property="og:image" content="http://demo-tape.pk-brs.com/img/demo-tape3.jpg" />
<meta property="og:site_name" content="DEMO-TAPE" />
<meta property="og:description" content="みんなで音楽を共有するサイト。リストを作るもよし、すでにみんながつくったリストを聞くのもよし。リスト編集を共有して、みんなで1つのオリジナルのリストを完成させよう!!" />
  このように書きます。 詳細はぐぐれば簡単に出てくると思うので割愛します。   まぁでも大体見ればわかりますよね?   さぁ、ではこのOGPをHTMLに記述した後、   実際に「いいね」等されたらどういう風に掲載されるのか、 また、きちんと取得されるのか、   というのを以下のサイトでテストする事が出来ます。   □デバッガー https://developers.facebook.com/tools/debug     URLを入力するだけです。 そうすると情報が足りない場合等には警告を出してくれると思うので、 きちんと記載して自分のサイトをよりよいものにしていきましょう!     ではまた!!    

スポンサードリンク

運営サービスPR

関連記事

他の記事はありません。

スポンサードリンク

運営サービスPR