【WordPress】カスタム分類の条件分岐方法

wordpress-logo-stacked-rgb

2012年06月19日(火)

    カスタム分類(タクソノミー)の条件分岐方法を記録します。 結構探したけどあまりなかったから、 結構重宝するかもしれない。 一応2パターン用意したので参考になればと思います。               結果的に探した割には結構実行方法は簡単だった。。。    
<?php if ( is_object_in_term($post->ID, ‘カスタム分類名’) ): ?> <!– ここに特有の処理を記述 –> <?php endif; ?>
    これでおk!!! 超簡単。 で、この関数の詳細情報は以下になります。  
□関数詳細 is_object_in_term( $post_id, $taxonomy, $terms ) 引数1、$post_id:投稿ID 引数2、$taxonomy:タクソノミー名 引数3、$term:タームID、名前、スラッグもしくはArray
  色々指定できるっぽい。 けど、俺は引数2までしか使用しんませんでした。       次に、 クエリで条件指定する場合。   実はこれが本当は俺がやりたかったもの。 しかし、結局は力技になってしまった。。。 運用泣かせですわ。     まず単純にタクソノミーを取得するやり方として、 query_postsに指定します。 taxonomy は artist 。term は himuro。 query_posts( ‘artist=himuro’ );     これで取得できます。     がしかし!!!!!   taxonomy がartist の記事を5件表示、という使い方はできないようです。 query_posts( ‘cat=4&taxonomy=artist&posts_per_page =5’ );     これはできない… いま一番欲しい機能だったのに…     なので無理やり     query_posts( ‘artist=artist&posts_per_page =5’ );     で実装。       カスタム分類artistに対してタームもartistとして運用。。。 なんか無理やりすぎる…     まぁ解決方法等があったら教えてください! こちらでもわかったら掲載します!       ではまた! ※WordPress祭り継続中!!         — 参考 — □WordPressでのカスタム投稿タイプ利用時のタクソノミー条件分岐タグ「Is_object_in_term」 http://www.communitycom.jp/2012/05/27/is_object_in_term/          

スポンサードリンク

運営サービスPR

スポンサードリンク

運営サービスPR