PHPで時間の差分を求める方法

DSC08911

2014年02月14日(金)

こんにちは。

ちょっと色々試したいことがあってプログラム以外のことも書いたりしたりしています。この結果はのちのち書こうかと思っています。結構面白い結果が得られています。

 

とまぁ最近の話でしたが、今回はPHPで時間の差分を求める方法のTipsを紹介します。

結構考えた時にぱっとでなかったので参考になればと思います。さっと紹介してさっと終わります。

 

時間差を計算する関数を作成

public function MathTimeDifference( $target_date ){
    $pasttime = strtotime( 'now' ); // 現在時間
    $thistime = strtotime( $target_date.' +3day' );        // 比較対象時間の3日後の時間

    $diff = $thistime-$pasttime;
    $hour = floor($diff/60/60);
    //$minute=floor($diff/60)%60;
    //$second=$diff%60;
    //printf("%02d:%02d:%02d",$hour,$minute,$second);
    return printf("%02d",$hour);
}

 

使う時はこちらです。

 

引数に指定日を渡して現在との時間の差分を求める

$date = '2014/12/12 12:12:12';
$this->MathTimeDifference( $date );

 

以上です。

 

だれかのためになればと思います。

 

それでは往年の名台詞でしめます。

さよならっ!さよならっ!

 

スポンサードリンク

運営サービスPR

スポンサードリンク

運営サービスPR