きっとなにも変えられないと嘆く僕とあなたへ「行動、結果、選択」という贈る言葉

DSC08900

2014年01月06日(月)

新年あけましておめでとうございます。今年も良い年でありますように。

 

と毎年言っていても結局なにも変わらない年になるんだなぁと思う。なので、そんな僕やあなたへ少しでも変えられるように、変わるようにするために贈る言葉を今回は書こうと思った。

 

なぜ、変えられない変わらないのか。

変えられない変わらないは、自分が行った何かしらの「結果」である。
自分が選択してきた行動や言動すべてに対する結果でそうなったのである。

 

これには色々な要因や理由があると思うが、僕は思う。
このような場合に一番多い理由や要因には「行動」「結果」「選択」が一番関わってきているのではないかと。

僕の場合は結構そうなんだ。

 

簡単にたとえ話をすると、例えば会社に不満があるとしてその不満はどうやったら解決できるのか考えているだろうか。
考えているとしてもそれを「行動」に移しているだろうか。

 

行動に移した場合、大抵の場合は「結果」が伴ってくる。つまり行動して、変わったか変えられなかったのか。
その結果どうなるかわからないが、行動には結果が伴うのであとは「選択」となるわけだ。
こうなってしまえばあとは簡単。人生生きていれば選択の連続だと思うが、この選択をもっと細かく自分の行動の結果に対して決定していくと自分の考えもまとまると思う。

 

つまり、行動した場合はその結果に対してまた選択と行動をしていけば良いだけ。
変えられない場合っていうのは、この「行動」→「結果」→「選択」のうち、何かが足りない場合に起きる事なんじゃないかと思う。
大抵の場合は最後の「選択」というのは自分自身で考えることになるのだと思うが、その選択ってすごい難しいですよね。そーなんです。難しいんです。


人生を左右する一つの選択となるんですから難しい事はあたりまえ。その選択をおろそかにするとこの記事の議題でもある「変えられない、変わらない」ということになるんではないかな。

 

先ほどの例で簡単に「行動、結果、選択」を考えていくと、

会社に不満があってやめたい

その不満を改善させる行動をする(行動)

改善できなかった or 改善する事ができた(結果)

会社を辞める決意をする or 改善できたので会社にいる(選択)

とても簡単に見えますが、この「行動」する事と「選択」する事ってなかなかできなかったりしますよね。
ただ、ここが出来ないと結果なにも変わらないことが大きかったりするんですよね。
これが出来れば少なからず自分自身は変わっている、変えられているはずです。

 

なんか、行動した人の話ばかりであれですが、行動しない人に関して書いていないのは理由があります。
それは、僕にはわからないからです。
行動しない人のパターンは、
・おそらく会社側がいずれ変わってくれるよ
・この会社辞めたら次めんどくさいし
・人間関係とかめんどくさくなっちゃうんじゃないの?
とかそのパターンの人が多いと思います。つまりこの議題にある変えられない変わらないっていうものとは少し外れてきますし、なにもしないから変わらないんだよ?っていう一つの結果も出ています。

なので行動しない人に関しては特に僕から思うことはなにもないです。なにもしなくたって人生そのまま流れていくので無理することはない。

 

まとめ

なんかまとめっていない感じがしたので簡単にまとめておきます。
つまり「変えられない変わらないと嘆いていないで行動しろ俺ボケぃ」ということです。


最初は結果なんて求めないで行動してみる事もいいかもしれないです。だれかやなにかに対して行動すると思いますが、そのだれかや、なにかだって、考えていない人はいないと思います。


会社での不満でいったら自分より立場が上の方に行動を起こすと思います。そんな人たちは必ず考えを持っているものです、それも自分自身の行動によって引き出せる部分ってかなり大きいと思います。
なので結果や判断が最初できないのだとしても、行動だけはしてみたら人生少しは変わってくるのではないかなと思います。

最後に、こう長々と説教じみたことを書いていますが、僕も変えられていない側の人間なのでもっと行動する事で、知見を広め、考える事を軸に人生に結果と選択を無理やりさせていこうと思いました。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

スポンサードリンク

運営サービスPR

関連記事

他の記事はありません。

スポンサードリンク

運営サービスPR